病院

がんによって違う抗がん剤の副作用|治療前に知っておきたいこと

二種類ある肺がん

カウンセリング

それぞれの特徴

肺がんは、「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」という二種類に分けられます。非小細胞肺がんは、肺がんの約8割を占めています。小細胞肺がんと比べたら病状の進行は遅いのですが、抗がん剤が効きづらいという特徴を持っています。抗がん剤としては、カルボプラチンやシスプラチンといったプラチナ製剤を主に使用します。そして、他の抗がん剤を追加して行なう二剤併用療法が一般的です。小細胞肺がんは、進行が早いので発見した時には別のところへ転移していることが多いです。しかし、抗がん剤の効果が出やすいという特徴もあります。抗がん剤のシスプラチンとイリノテカンを組み合わせて行なうIP療法が主に行われます。次に選択されているのは、エトポシドとシスプラチンを組み合わせて行なうPE療法も高い効果を期待できます。

副作用について

どちらの肺がんに使われるシスプラチンは、さまざまながんに効果を期待できるプラチナ製剤です。抗がん剤の中心的な薬剤とされており、がん細胞を死滅させる働きがあります。ただ、激しい副作用が特徴的な抗がん剤でもあります。特に深刻なのは腎不全などの腎臓機能障害です。また、消化器症状の副作用も起こりやすくて制吐剤と併用して治療を進めていくのが一般的です。それに、身体がシスプラチンの副作用に耐えられないと判断した時には別の抗がん剤を代わりに使うこともあります。ですから、肺がんの抗がん剤治療でシスプラチンを使うとなれば、身体に異常を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。