医者

がんによって違う抗がん剤の副作用|治療前に知っておきたいこと

看護師

胃がんで起こる症状

胃がんは、抗がん剤が効きにくいといわれていたがんになります。しかし、新しい抗がん剤が開発されたことにより、治療で症状を改善することができます。また、副作用も軽減できるようになってきています。

聴診器

早期発見で完治するがん

大腸がんは、早期発見ができれば手術でがんを除去できます。しかし、転移や再発が確認された時は抗がん剤の治療になります。副作用もあるので、どんな症状が起こるのか把握しておきましょう。

カウンセリング

二種類ある肺がん

肺がんは、大きく分けて二種類あります。どちらも抗がん剤治療を行えますが、含まれている成分が異なりますし、副作用も違うのでそれぞれの症状の特徴と症状について説明します。

辛い症状が起こる

ドクター

辛い症状が起こる副作用

悪性腫瘍が身体の中にできてしまうことで発症するがんは、治療の副作用がきついというイメージが強いでしょう。他の病気に比べると、がん治療は身体に刺激が強い抗がん剤を投与したり、外科手術を受けたりなどしないといけません。それほどがん細胞というのは、強い悪質な細胞だというのが分かるでしょう。外科手術は、がんを摘出することができれば転移がないと判断されると完治します。ですが、抗がん剤の場合は内科的な治療になるので、効果が高くても辛い副作用が起こってしまいます。その症状とは、吐き気や嘔吐、脱毛、白血球や血小板の減少、下痢、しびれ、出血などです。これらの副作用は、抗がん剤の投与が始まると同時に身体で感じることもあります。

がんによって種類が違う

がんにもいろいろと種類があります。そのため、抗がん剤を投与するとなればそのがんに合った抗がん剤を投与する必要があります。また、抗がん剤治療は、さまざまな薬剤を組み合わせることでがん細胞を死滅させることができることから、組み合わせによって起こる副作用も異なります。ですから、上記に挙げた副作用以外にもがんによって違う症状が出るというのを理解して治療を続ける必要があるでしょう。ですから、医師とよく相談しながら、抗がん剤と上手く付き合えるようにしてがんを克服していくようにしていきましょう。